ロボット教室・サイエンス教室

2020年から小学校でプログラミングを必修化へ

2020年から小学校でプログラミングを必修化へ

2020年学習指導要領が大きく変化すると伝えられていますが、その中で日本の小学校の教育でもプログラミングに関する学習が必修となると発表されました。いきなりプログラミングと言われても私達大人世代からすれば本当に大丈夫なのか、心配になりますよね。大人になってからだと苦手意識が出てしまうプログラミングも、子供の頃から当たり前になればプログラミングの楽しさを感じることができるでしょう。だからこそ、幼児期や小学生から触れることが出来るロボット教室で楽しくプログラミングを学んでみませんか。

 

小学生の教育でもプログラミングが導入されるわけ

近年、IT企業の目覚ましい発展により私達の生活ではなくてはならないものになりました。
そんなIT企業の成長とともに懸念されているのが、IT企業の人材不足でしょう。2030年にはなんとIT企業で78.9万人もの人材不足になるそうです。これは日本だけでなく海外でも懸念されていることであり、義務教育の段階からプログラミングの教育を推進することが大切だと言われています。総務省も2025年までにIT人材を新たに増員する計画を発表しています。

 

急な学習内容の変化に対応する為に…

プログラミングが義務教育で導入されるとしても、現状としてまだまだどんな方法で取り入れられるか検討段階です。急に授業に盛り込まれるよりは、プログラミングやITが身近なものになっていれば、焦ることなく授業に取り組むことが出来ます。だからこそ、ロボット教室で楽しく触れる環境を作り出して上げることが子供の教育に繋がるのではないでしょうか。
近年、幼児向けや小学生向けのプログラミング教室に人気が出ています。急にITに触れるようになったからといって、授業についていくことができるかどうかは子供によって差が出てしまいます。幼児の頃から楽しく学ぶことで子供は急激に成長しますし、ITに興味を持ち学んでいれば将来的な就職でも安心できますね。

 

不況だと言われている現代だからこそ、子供には将来安定した生活を送ることが出来るようにしてあげたいものです。子供は興味を持てること、楽しいと感じることだと急激に成長します。せっかく何に興味を持つかわからない伸び盛りの時期だからこそ、いろいろなことに挑戦させてあげたいと思いますよね。まずはプログラミングについて楽しく学ぶことが出来るロボット教室に通ってみませんか。2020年の教育改革は一部に過ぎず、今後アクティブラーニングの導入により自主性が評価されるようにもなりますので、自ら学び成長できる環境を作り出して上げましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ