ロボット教室、サイエンス教室

ロボティクスラボの人気の理由と特長

ロボティクスラボの人気の理由と特長について

ロボティクスラボの特徴としては、一般的によく見かけるロボットキットから学びに入るのではなく紙・金属・プラスチックなどの素材加工から始まることになり、本格的な物造りを一から実践できる事が大きな特徴になります。

 

またロボット教室では単に講師から知識を学ぶのではなく、実際に手を動かし原理を学び技術を習得していくことになるのですが、子供自身が作り・学び・工夫するこの3つのサイクルを繰り返し行うことを重視しており、学んだことを活かしさらに自分のアイデアを形にする応用力や創造力を育てられることから人気を集めています。

 

カリキュラムはBasicコース(小学校3年生〜)、Advancedコース(小学校4年生〜)、Smartコース(小学校5年生〜)、Engineerコース(小学校6年生〜)などに分かれており、毎月2回のカリキュラムで一つのテーマに対し基本となるスタートアップと応用のチャレンジタイムの2構成で学習が進められます。

 

ロボティクスラボはこんなお子様にお勧めです

ロボット教室では磁石や電気などを始めとする科学の基礎学習を実験を通じて学ぶ事になるのですが、このあたりの基礎的な知識は小学校の理科と通じる部分があり、理科に対する興味が薄い子供でも実験を通じて楽しく体験して理解を深める事ができます。

 

学校では実験は圧倒的に少なく教科書を記憶するだけでは面白みもありませんが、実験を多用したカリキュラムにより楽しく学ぶことができます。

 

またカリキュラムが進みSmartコースやEngineerコースなどになると、電子回路製作やロボット制御に必要なマイコンのプログラミングなどについても学ぶ事になり、ロボットに対する興味がより鮮明な子供の場合は将来の進学にも多分に影響してくるより高いレベルの学習を行う事が可能になります。

 

特に卒業研究ではハードウェアの設計や実装など専門性が高い研究を行う事になりますので、将来的に研究者や技術者への道に繋げる事ができます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ