ロボット教室・サイエンス教室

ヒューマンロボット教室派かレゴスクール派か?ロボット教室の勢力図

ヒューマンロボット教室派かレゴスクール派か?ロボット教室の勢力図

子供向けのロボット教室が今最も話題なのですが、そのロボット教材には2つあります。
1つはヒューマンロボット教室で使っているオリジナル教材のロボット教材で、もう一つはレゴスクールで使っている、レゴ社が発売している教育版レゴマインドストームEV3です。
今最も話題になっているロボット教室は、フランチャイズ化を進めているヒューマンロボット教室とそれに対抗する形でレゴスクールが追随している状態です。

 

保護者が通わせたいロボット教室は?

ロボット教室の対象は主に幼児〜小学生の子供達ですので、ロボット教室に通えるかどうかの最終意思決定権は保護者にあります。
ロボット教室というサイエンス教室が今注目を浴びている最大の理由は保護者にあります。
現在の小学生のお子様を持つ保護者の年代は、スマートフォンを自由に使いこなせ、将来は今よりも凄いロボット時代が待ち受けている事を強く感じ、サイエンスに強い頭脳が将来の仕事に役に立つと考えているのです。
また、保護者にとって月謝がロボット教室選びの重要な選択肢になります。
レゴスクールは直営店のみの為、施設維持等の費用がかかり、受講生にその分の費用負担が強いられます。
また、教室数が少なさが知名度の低さに直結しています。
しかし、ヒューマンロボット教室は、自社開発のロボット教材で独自性があり、また教室数も全国に700以上、月謝も安いと人気が高いようです。

 

今後伸びていくロボット教室はどちら?

経営者にとってロボット教室は魅力なのですが、現在のロボット教材の選択肢からいうとヒューマンロボット教室のフランチャイズに加盟する方法と教育版レゴマインドストームEV3を購入して始めるかの2つの選択肢となり、それ以外の場合、自社開発の道しかありません。その為、現実的とは言えません。
ヒューマンロボット教室は、ロボット教室の先駆者という強みもあり、世界的に有名なロボットクリエイター高橋智隆さんが作成したロボット教材と全国に700以上もある教室の知名度の高さは、フランチャイズ方式の強みを最大限に発揮しています。
しかし、世界的知名度が高いレゴスクールも大きな魅力で、このロボット教材の今後の発展や新教材の開発などで、ヒューマンロボット教室を上回る可能性をレゴスクールは持っています。
日本においてロボット教室はまだまだ新しく、学習結果が明確に出ていない現状ですが、ロボットに興味を持つことは決してマイナスではないと言えます。
現時点では、知名度と教室の多さ、そしてレゴスクールのように外資系ではない点で、日本人にあった教育やサービスが期待できるヒューマンロボット教室の方がレゴスクールを上回っていると言えます。
将来的にも、通いやすさという面においてヒューマンロボット教室が圧倒的に有利と言えます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ