ロボット教室、サイエンス教室

ロボット科学教育Crefus(クレファス)の人気の理由と特長

ロボット科学教育Crefus(クレファス)の人気の理由と特長について

子供が行うロボット製作はともすれば遊びで終わる事も往々にしてあるものですが、同社のロボット教室の場合は早稲田大学理工学術院の高西淳夫教授やタフツ大学工業教育研究所のクリス・ロジャーズ博士を始めとするロボット工学に長けた科学者がアドバイザーを務めていることが特徴として挙げられ、ロボット製作に伴う科学技術基礎やプログラミングなど幅広く体験的に学習できる事から大きく人気を集めています。

 

カリキュラムはジュニアエリートKicksが小学1〜2年生、crefusは小学3年生〜高校生までになり、それぞれで3段階のレベルに分けられ学習内容に基づいたミッションをこなしていき、最終的に高校生までにロボット研究者が行うような高度な学習に歩を進める事になります。

 

使用する教材はレゴ社とマサチューセッツ工科大学が開発したレゴ マインドストームシリーズのロボットキットが用いられ、世界水準の先駆的なキットを利用して学習が体験できます。

 

ロボット科学教育Crefusはこんなお子様にお勧めです

ロボット教室は子供を理数系への興味をひきつける取っ掛かりとしては非常に最適で、教材としても用いられているレゴを小さな頃から遊びとして使っていた子どもであればとりわけ学習に興味を引きやすく、科学に対する知的好奇心を膨らます事ができます。

 

またロボット教室の特徴としてデスクの上で学習を行うだけでなく、世界のおよそ70ケ国以上から約22,000チームほどが参加する世界最大の規模をほこるロボット競技会にも参加する点が挙げられ、将来的に海外に羽ばたき活躍を希望しているご家庭で幼い頃から子供にグローバルな感覚を養う事も可能になります。

 

例えば2014年度で言えばFLL2014ジャパンオープンで同教室からは3チームが世界大会への進出を決め、アメリカのアーカンソーで行われた世界大会やオーストラリアのシドニーで開催された世界大会などにも出場しており、小さい頃から国際的な感覚をしっかりと身に付けることができます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ