ロボット教室・サイエンス教室

幼児教育でロボット教室が今最も注目されている理由とは

幼児教育でロボット教室が今最も注目されている理由とは

幼児教育は多くの可能性を秘めた子供の能力を開花させるために重要な学習の機会であり、全国に幼児教育を手がける教室は数多く存在します。
こうした教室の特徴としてこれまでは英語教育型や学力重視型または能力開発型などが多く見られたのですが、近年ではサイエンスに特化した教室が登場して注目を集めています。
そうした中で特にロボット教室は今最も注目され通学する生徒が増えているのですが、教室ではどのような学習を行い、またどういった理由で人気があるのでしょうか。

 

ロボット教室とは

 

ロボット教室はその名の通りロボットを教材にして組み立てや設計などを学ぶ体験型学習教室です。
ロボットと聞くとどのような学習が行なわれるか想像がつきにくいところですが、そもそも私たちの身の回りに今やロボットは溢れています。
工場の生産ラインで活躍しているのは広く知られていますが、それだけでなくデパートの受付や和菓子屋の店先で菓子製造を行うなど、現在ではごく身近な所で活躍しているのです。
こうしたロボットは子供の興味を引きやすく、教育用ロボットも数多く出回っていることから理数系教育の窓口として最適である点が今最も人気を集める理由として挙げられるのです。
また以前より学校の科目の中でも理科を苦手とする子供が多く、大学においても理系や工学系の志願者が減る傾向にあります。
これは特に先進国などで見られる傾向で、最新のテクノロジーを享受して利用する一方で科学技術そのものへの興味がなく、研究や生産の側に回る事が少ないのです。
しかし科学は人類発展のための基礎となる学問で、資源の少ない日本においては特に重要になりますので、幼い内から幼児教育として触れる事には大きな意義があり、今最も注目される理由となるのです。

 

学習の内容について

 

ロボット教室で行なう学習の内容についてはそれぞれの教室により教育体系に違いがあるのですが、一般的には年齢によりコースが分かれており、それぞれの年齢に適した学習プログラムが組まれています。
学習では単にロボットの組み立てキットを造るだけではなく、ロボットの存在意義や内部機構について、また各種センサーを用いたりプログラミングによる制御など高度な学習も行なわれています。
また教室によってはより専門性が高い研究を行ったり、大学と連携していたり、ロボットの世界大会に出場することもあります。
教室ごとに様々な特徴がありますのでそれぞれを比較しつつ、子供により適した教室を選択すると良いでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ