ロボット教室・サイエンス教室

結局、ロボット教室はどこがよいのか?

結局、ロボット教室はどこがよいのか?

ほとんどのロボット教室が月4回もしくは月2回通うことになります。
教育には継続が大切ですから、通える環境がロボット教室を選択するための最優先事項になります。

 

そこで各ロボット教室を比較してみますと、東京に数店舗を展開しているところが大半のため東京にお住まいでない方には現実的ではありません。
また、東京にお住まいの方でも自宅近くになければ電車か車で移動することになり大変不便です。

 

そこで唯一全国展開しているヒューマンアカデミーキッズサイエンスロボット教室が現実的な選択肢と言えるでしょう。
ヒューマンアカデミーキッズサイエンスロボット教室は2016年3月現在、全国に800教室を展開しており、今もなお増え続けています。

 

また、有名なキロボを作ったロボットクリエイターの高橋智隆氏監修のもと教材が作られています。
従いまして、かなり完成度の高いカリキュラムと教材で教育が受けられます。
大手企業だからこそできる高品質でムラのない教育カリキュラムのため、親御さんは安心してお子さんを預けることができるでしょう。

 

ロボット教室選択の第一候補と第二候補

第一候補として「継続して通える環境」を最優先します。
全国各地に800教室あるヒューマンアカデミーキッズサイエンスロボット教室でお近くの教室を探し、無料体験授業を受けてみましょう。また、月謝もリーズナブルですので
もしも教育内容に不満がある場合は、その他のロボット教室を検討されてはいかがでしょうか。

 

第二候補として「教育内容」を優先します。
東京都港区(品川、田町、浜松町)にお住まいの方であれば個人的にはTOMASロボット教室をおすすめします。
TOMAS(トーマス)グループはリソー教育グループの1ブランドです。リソー教育グループには幼児英才教育で有名な「伸芽'Sクラブ・新芽会」を運営しています。
従いまして、教育内容は申し分ないと言えます。難点は対象者が小学2年〜小学6年で保育園児・幼稚園児がNGなこと、教室の場所が田町の芝浦工業大学校舎内の1箇所だけということです。

 

サイエンス教室はロボット教室に比べて、原則、月謝制ではなく年間制ですので途中退会ができません。また、費用も高額になりますので本人の強い意志がない限りはおすすめできません。比較的気軽に通えるロボット教室から通われることをおすすめします。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ